Swiftのmap、辞書編

Swiftを勉強中。
map関数の使い方を覚えたのでメモ
配列の例はたくさんあるけど、辞書でも使えるとのこと。 すごい。

let hoge = map([dictionry]){  
            [key], [value] in   
            [statements]
            } 

{}がクロージャーになっていて、in構文の後ろに処理をかくことができる。 inなんてObjective-Cだとイテレーターでしか見なかったから新鮮。

Teaching App Development with SwiftというSwiftの教材の SpaceAdventure Lesson15.pdfでてきた構文。

テキストではこんなコードだった。

let planetData = [  
"Mercury": "A very hot planet, closest to the sun.",

"Venus": "It's very cloudy here!"
]


let planets = map(planetData) { name, description in
 Planet(name: name, description: description)  
}

教材のリンクを貼っておきますので興味があるかたは確かめてみてください。 http://swifteducation.github.io/assets/archives/Teaching%20App%20Development%20with%20Swift.zip

参考