AKIBA.swift 一周年記念勉強会! に参加しました

AKIBA.swift 一周年記念勉強会!に参加しました

https://classmethod.connpass.com/event/53603/

遅れたので途中からの参加です。
私がみた発表の感想を書いていきたいと思います。
網羅性はありません。
あしからず、よろしくお願いします。

来年のtry! Swiftを10倍楽しむために

jollyjoesterさんの発表。
来年のtry!Swiftをもっともっと楽しむためのコツを発表しました。

登壇する->敷居高い!
すごい人と話す!->その場ですぐにしゃべれるか?->しゃべれない!

英語の壁やSwiftの知識も必要だけどやっぱり共通の話題がなければ辛い。 ということで、過去の登壇内容も見ておこうというお話でした。

私はtry! Swiftにボランティアで参加しましたが、とても楽しめましたね。ボランティアとして働くのもおすすめです。


休憩がてらiMessageでもいかがでしょう

GotouReikoさんの発表。
ラインの様なスタンプiOS10からiMessageで使えるようになりました。

iMessage、画像の組み合わせができるのでカードゲームができそう。
アイスクリームの画像を組み合わせて、コーン+好きなアイスクリームを相手に送れるサンプルをみせてくれました。

IMDbのステッカーは映画の情報を手軽に送れるようになっているそう。
画像だけでなくプログラムもできるなんて幅が広がりそうです。

https://itunes.apple.com/jp/app/imdb-movies-tv/id342792525?mt=8


Carthageを使った非オープンな社内開発

loveeさんの発表。 Carthageを使って独自のフレームワーク組み込む方法を共有。

takasekさんも行ってたけど、機能ごとにフレームワーク分けるのは開発設計としてありですね。

takasekさんが「機能ごとにフレームワークを分けよう」といっている資料はこちら
https://speakerdeck.com/takasek/ok-li-xiang-falseakitekutiyahafen-katuta-de-dokokarashou-wotukenfalse


RxSwift3.3.0: Observableのフレンズが増えました

とんどるさんの発表。

RxSwift3.3.0からSingle,Completable,Maybeの3つのObservableが増えたそう。

Singleでプロミス的な処理ができるとのことで良さそう。


Layered ArchitectureにおけるRxSwiftを用いたErrorの伝搬

ドメイン層、ロジック層、プレゼンテーション層の各レイヤーでのエラーハンドリングの話。
各層のエラーをenumで作り、どの層のどのエラーなのかを把握する方法のお話でした。

RxSwiftしばらく使ってない。
各層のエラーを定義するのはいいかも!RxSwiftを使ってなくても考え方は取り入れられる!

おわりに

RxSwiftみんな使っているなーという印象でした。
ビールがたくさん振る舞われ、とても楽しい懇親会を過ごせました。