try! swiftに参加しました(3日目ハッカソン)

3月2日から4日まで開催されたSwiftプログラミングのカンファレンス、try!swiftのレポート3日目です。 1日目はこちら try! swiftに参加しました(1日目) 2日目はこちら try! swiftに参加しました(2日目) ハッカソン! try! swift3日目はSwiftをつかったプロダクトを作るハッカソンです。 テーマは「Swiftでイノベーションを起こそう」でSwiftをつかったプロダクトを作り、プレゼンするという内容。 作るものはSwiftを利用していればなんでもよくて、アプリだったり、開発ツールだったり、それぞれのチームが創意工夫をもち開発していました。 今回は私が参加したチームの話をしたいと思います。 前日でチームが解散 try!swift始まる前から、 »

try! swiftに参加しました(2日目)

3月2日から4日まで開催されたSwiftプログラミングのカンファレンス、try!swiftのレポート2日目です。 1日目はこちら try! swiftに参加しました(1日目) 二日目になって体調もそこそこ良くなり、スピーチをしっかり見れるようになりました。 各スピーチの感想を記したいと思います。 例によってniwatakoさんの書き起こしを記します。 内容を知りたい方はそちらをご覧ください。 テスト可能なコードを書くということの2つの側面 内容 http://niwatako.hatenablog.jp/entry/2017/03/03/103125 テストする際にグローバル変数を減らし、テスト可能なコードを書くことについて発表していました。 »

try! swiftに参加しました(1日目)

3月2日から4日までSwiftプログラミングのカンファレンス、try!swiftが開催されました。 https://www.tryswift.co/tokyo/jp# 開催一ヶ月前ぐらいにツイッターでボランティアスタッフの応募があり、せっかくだからと応募しました。 ただ参加者としてセッションみるより、スタッフとして参加した方が楽しいかなと思いまして。 その時の様子と、気になったセッションを中心に振り返って見たいと思います。 まずは1日目行ってみましょう。 ボランティア作業 朝の会場 荷物の整理 ノベルティバックの梱包 朝は6時30分に集合。 いくつかグループに分かれての作業でしたが、私はノベルティのバックにスポンサーのチラシ等を袋詰や入り口での参加者の入場整理などをしました。 ノベルティバックの梱包は自然とフローがどんどん改良されていってみてて面白かった。 最初は漫然と、入れるチラシ、 »

Playground でURLSessionを試す(GET編)

iOSの標準ライブラリーだけで通信処理をすることになったのでこの基にURLSessionの使い方をみてみる 環境 Xcode8 bata4 Swift3 Playground サーバーはWebAPIをとりあえず試せるサイトhttp://httpbin.org/を使用します GETで実行 //: Playground - noun: a place where people can play import UIKit import PlaygroundSupport //Construct url »

[Swift]クロージャーの使い方

Swiftの文法で特に分かりづらいものの1つクロージャーの使い方を見ていきます。 環境 今回の記事は以下の環境で実行することを想定している記事です。 Swift2.2 Xcode7.3.1 クロージャー クロージャーは自分を囲むスコープにある変数を参照する関数のことをいいます。(変数をキャプチャするといいます。) Swiftは第一級関数をもつ言語で、関数そのものを型に指定できたり、関数をインスタンス化できます。 関数をインスタンス化したら、それはクロージャーになると考えて大丈夫です。 関数に名前がない無名関数としても定義することができます。 【なぜクロージャ(Closure)と言うのか?】 http://qiita.com/mochizukikotaro/items/ »