Hack Day 2017に参加しました

Yahooが主催するハッカソン、Hack Day 2017に参加しました。

http://hackday.jp/

このハッカソンは24時間で1つのプロトタイプを作り、90秒でプレゼンするイベントです。
Yahoo社内イベントとして始まり、今年で10周年。80チーム以上の参加がある大規模なハッカソンイベントです。
このイベントに友達のYu Ishikawaさんに誘われて、参加しました。


Magic Window

プレゼンの内容はこちら。
Ishikawaさんかっこいい。

私たちのチームUniProdactsが作ったプロダクトはMagic Windowという名前のVRアプリ。
既存のVRアプリはゴーグルなどの高価な機材がなければ体験できなかったところをゴーグル無しで普通のPC付属のカメラで没入感を感じられるアプリを作りました。これにより、より手軽にVRを体験できる様になりました。
何もつけずに自分の腕がパソコンの中に入っているかのような感覚を覚えるアプリです。
楽しく遊べるように唐揚げを積み上げる「唐揚げツムツム」というゲームコンテンツを作っています。

開発風景

唐揚げツムツム体験中

今回のチームはIshikawaさんの大学の後輩先輩など、私含めて6人で構成されたメンバーで一ヶ月ほど前からスカイプでMTGして企画を練っていました。
当日は24時間しかないので事前に企画決めて、技術的な問題点は洗っておく作戦です。

今回はゲームエンジンUnityを使ってアプリを作って手の動きやカメラの画像取り込みをしてアプリを作っていったのですが。。

いやー皆さんできる人で全然自分技術に貢献できんかったです。。

Unityが初めてだったこともあって当日までは、インストールとドットインストールで入門動画を勉強。

当日の自分担当はアプリで使うライブラリー導入して、そこから取れる値を出力するという簡単なもの。が、なかなか取れず、紹介記事とにらめっこしたり、色々チームメンバーに教えてもらったり。

座標の変換が計算できん。。
もろに数式を使っていくプロダクトで己の無力さを感じました。。

1日目で自分担当がほぼ終わってしまい、二日目みんなが追い込みのときに傍観するしかない残念な結果に。。
プレゼン資料の草案をシコシコ作っていました。。

Tech賞を受賞!

そんなこんなで迎えたプレゼン終わって、チームUniProdactsは一番技術に優れたチームに送られるTech賞をいただきました!

すごい!

特別なデバイスなしでVRができるところを高く評価していただきました。

参加しての感想

チームが受賞して本当に良かったです。
自分の苦手分野だったことから仕方がないといえば仕方がないですが、ただ自分があまり貢献できなかったのが悔しかったですね。

ただ、初めてUnityを使ってみて、普通のゲームならけっこう簡単にアプリを作れるものだったり、VRの分野が意外と遠い存在ではないことに気づいたり、けっこう収穫もあるハッカソンでした。

また機会があれば挑戦したいと思った次第です。

Ishikawaさんありがとうございます!